ニキビに悩まされた10代から20代

私が初めてニキビと出会ったのは、小学校6年生の頃でした。おでこにたくさん大きな赤いニキビが出来ました。

中学生へ上がるとニキビは次第に頬に出来るようになりました。薬を塗ったり、アロエを貼って寝てみたりしま

したがニキビは消える気配はありません。

ビューティークレンジングバームは市販で購入できる?

好きな男の子が出来てもみんなのようにバレンタインチョコレートを渡す勇気も告白する勇気も無く、ただただ

自分の肌の汚さに憂鬱になり、鏡を見るのも嫌になり、自信を無くしていく日々でした。

そうこう悩んでる間に月日は経ち、私は高校生になりました。周りはますます恋愛に興味を持ち、彼氏を作ったり

好きな人と連絡を取り合ったりと青春を楽しんでいました。私も部活に入り、好きな人が出来ました。バイトをす

るようにもなり、自分でお金を稼げるようにもなりました。そこで私はコンプレックスを少しでも隠すために化粧

品を買い、パウダーやファンデーションでニキビを隠すようになりました。しかしそのせいで部活で汗をかいたり

間違ったスキンケアをしていたせいで、以前よりも悪化してしまいました。市販の薬も効かず、もうどうしたらよ

く分からなくなってしまったある時、母が近所で評価の高い皮膚科に連れて行ってくれました。そこで薬を出して

もらい、一時的には治りましたが、薬をやめるとまたニキビが出来ました。皮膚科の薬も乾燥し、ヒリヒリして痛

く、ついには薬の使用をやめてしまいました。もう私は一生ニキビと付き合っていくしかないんだとニキビを治す

ことも恋愛することも諦め、ニキビに関しては特別なケアをするのはやめました。社会人になり、仕事のストレス

からさらにニキビは頬やこめかみ、口の周りやあごに出来るようになりました。生活も不規則で胃を痛めてしまい

何も食べられない日が続きました。胃が治り始めたころ、ニキビも徐々に治り始め、数年ぶりに肌の調子がいいと

思えるようになりました。

そこで私は気づいたのです。今まで外部からばかりニキビを治そうと努め、内部に関しては何も意識をしていなか

ったことに。食生活を改め、規則正しい生活をするようになってから、徐々にニキビも消え、彼氏を作ることも出

来ました。胃通は本当に数か月続き、つらい体験でしたが、体に内部の不調は肌にも繋がっているのだと教えてく

れました。これからも体の声を聞き、ニキビが出ない体づくりをしたいと思います。