冬の肌のかゆみについて

 冬になると肌が荒れてしまい、かゆみを感じることが多くなります。特に肘や肩、腰や背中、すねの部分などです。

シロジャムの悪い口コミを徹底検証!効果なしで効かないという悪評は本当?

 かゆいとどうしても爪でかきたくなってしまい、かくことによって一時的には解消しますが、皮膚が荒れてしまい、結果的にかゆみを増加させてしまうことになっていました。

 豆知識というほどのことではないかもしれませんが、私が実践していたことは2つあります。

 一つは爪を切っておくことです。我慢できずにかきたくなったときでも、爪を切っておけば皮膚の傷つきが弱いということと、寝ているときにかいてしまうこともあるので、そのために爪を切っておくようにしました。

 2つ目はメンテナンスですが、化粧水と乳液の順番で同時に使うようにしています。これによってかゆみの痕も少しずつひいてきました。お風呂上りにしっかりと塗布し、継続することがポイントだとおもいます。また日中かゆくなったときでも、可能であるなら保湿剤などを塗布して鎮めるようにしています。そうすることで、治りも早く、また予防にもなっていると思います。

 これらのことは冬だけに実施するのではなく、冬以外の季節にも継続的にメンテナンスを続けることが大事なのかなと思うようになりました。保湿剤などを使い、潤いを持った強い肌を日々意識することで、冬のかゆみもおさまってくるのではないかと思います。