学生時代は気にならなかったけど歳を取るに連れて目に見える変化が心にくる

10代、20代の頃は頭の事なんてニキビやフケ、脂臭さ位でした。しかし30代になってから徐々に鏡を見ると自分のおでこが広がってきていてそれが一年ごとに進んでいるのが分かるようになってきました。頭皮のマッサージや毛穴の汚れや脂はしっかり取ってますが、頭皮が弱いので合わないシャンプーを使ったりするとそれだけでフケが出たり真っ赤になったりします。

http://www.lavitabrides.com/

なので頭皮のケアをしたくても出来る限り清潔にするしか方法が無かったのですが、徐々に広がるおでこに溜息が出てしまいます。しかも30代後半になったら今度は前髪が全然いう事を聞かなくなってきました。

これもやはり10代の頃は癖などつかないし硬く真っすぐな髪質だったのですが徐々に細く癖がつきやすくなってきて、とうとう今ではブラシで整えても時間が経つと髪が広がってしまうという状態です。ムースやワックスで固める事も考えましたが細くなって来たのと元々髪の毛の本数が人より密度が低いと言われているので固めてしまうと髪のボリュームがなくやけに頭が小さく顔が大きく見えるのでこれまた困りものになってきています。

歳を取るとこんなに髪の事が気になるのかと精神的にもダメージがありますし、何より朝に髪をセットしたりするのにも時間が掛かるようになって困りものです。しかも外が強風が吹いていようものならすぐにセットが崩れるので、どうにもならないというのが現状です。かと言って増毛やウィッグに手を出すほど金も気持ちもないので諦めるしかないかと思うのですが、割り切れないのが実情といった感じです。