眼精疲労による薄毛化のリスクは明らか

眼精疲労と薄毛は決して無関係では無いと思います。ニューモ育毛剤の成分効果と副作用危険度を調査!私の口コミを暴露…!

私がパソコンメーカーに勤めていた頃は、毎日の様に組立てた新品パソコンの検査画面と睨めっこの状態だったのですが、当然検査用モニターに眼精疲労防止フィルムを施す予算等無く、チカチカする目を擦り擦り作業をこなしていました。

眼精疲労が募ると眉間に皺が寄り、おでこから頭頂部にかけての頭皮がカチコチに緊張し、毛穴がムズムズする不快な感触がダイレクトに伝わってきます。

トータル3年程勤めたのですが、その間に明らかに頭髪のボリュームが減り、最終的にはちょっと汗をかいただけで頭頂部がペシャンコになってしまう程頭髪のコシが無くなってしまいました。

その後は意識して眼精疲労の軽減に努め、ホットパックや定期的な温泉入浴による頭皮のリラックス・血行促進を行ったところ、現在は随分と頭髪のコシが回復してきました。

幸いにも遺伝や男性ホルモンによる要因が薄く、外的な環境を変えたおかげで頭髪を復活させる事が出来ましたが、もちろんそれらが要因でも、眼精疲労により加速度的に薄毛化が進行してしまうリスクは大きいでしょう。

普段から意識して目のケアに努め、余計な緊張や血行不良を頭皮に与えない事は大事だと思います。